アイウルルの安全性は大丈夫!?※気になる成分とは?

アイウルル 成分

 

目元の印象は顔の印象といってもおかしくはありません。メントにハリがあり、潤いがあると若く見られますし、逆に小じわが多く目の下にクマなどがあると実年齢よりも上に見られるだけではなく疲れているようにも不健康にも見られてしまいます。

 

そんな目元の印象を劇的に変えるアイテムとして大注目なのが、アイウルルです。

 

アイウルルは見た目年齢マイナス5歳を目指す目元美容液です。それではアイウルルにはどのような成分が含まれているのでしょうか。

 

アイウルルに絶大な効果があることは口コミや評判などでも立証されています。

 

しかし使われている成分は何なのか気になります。いくら効果が高くても信用の成分が含まれていると安心して使用することはできません。

 

こちらでは、アイウルルに含まれている成分がどのようなものなのかご紹介します。

 

 

アイウルルに含まれている成分とは?

 

アイウルルは2018年度4月期のアイクリーム部門で5冠を達成し、リピート率も驚異の97.2%を誇る目元美容液です。

 

そんなアイウルルには、注目成分である純粋生レチノールとビタミンC誘導体が含まれています。

 

まず、アイウルルは多くの女性や悩んでいるしわやくすみ・ハリの不足に乾燥・疲れた印象など全ての目元の悩みにアプローチし効果を発揮します。

 

その中でも目元のハリやコラーゲン不足に効果のある純粋生レチノール。乾いた目元の奥底に浸透し潤いを与えるビタミンC誘導体が重要です。

 

肌が潤いをなくし、ハリがなくなり小じわなどのできる原因はコラーゲン不足が大きくかかわっています。

 

コラーゲンは肌の土台であり、真皮の70%近くを占めています。しかしコラーゲンは紫外線や乾燥のダメージや影響を受けやすく、20代から減少傾向にあります。

 

コラーゲンが減少することにより、皮膚は弾力を失いハリや潤いが失われしわが出来始めてしまいます。

 

特に目元は、人間に皮膚の中でも最も薄いため、普通のクリームや美容液では効果がないだけではなく、逆に症状が悪化してしまう可能性もあります。

 

そのため、アイウルルのような目元専用のクリームが必要となるのです。

 

アイウルルは、ひと塗するだけでコラーゲンの生成に効果のある美容成分が乾いた目元の角質層に浸透します。

 

超濃厚なアイウルルの効果により、ふっくらとハリのある目元を作ることができるのです。

 

そこに加え、純粋生レチノールとビタミンC誘導体が目元を集中的にケアするため効果を実感することができます。

 

また、2つの成分に加え皮膚や保湿力・弾力を支えるメリッサ葉エキス・月桃葉エキス・シロバナルーピン種子エキスなど天然素材から抽出されたエキスが配合されています。

 

そのためアイウルルを塗り続けることによりハリのある目元を期待することができるのです。

 

 

アイウルルの成分のまとめ

 

アイウルルは、デリケートな目元に潤いやハリを与える純粋生レチノールとビタミンC誘導体が存分に配合されていることがわかりました。

 

それだけではなく、コラーゲンを生成するための天然由来の美容な成分、メリッサ葉エキス・月桃葉エキス・シロバナルーピン種子エキスなどが含まれています。

 

天然の成分により目元にハリや潤いが与えられるので安心して使用することができます。

 

アイウルルの公式サイトでは、詳しい成分はもちろん、正直な口コミなども記載されています。

 

ご興味のある方は是非公式サイトをご覧ください。

 

>>アイウルル目元美容液の詳細はこちら